FC2ブログ

ビークラフトがイイよぉ~♪

他のぉ~じゃヤ~よぉ~♪
カトキ版はヤ~よぉ~おお~♪
ビークラフトがイイよ~♪




ナゼにVer.ka.????orz
流出画稿観るに、胴が短く、足長。
コズミックリージョンシリーズはオレ的には無い。
ユニコーンとは違うのだよストライクフリーダムわっっ!!!!



買うからさぁ~、


絶対買うからさぁ~、


徹底的な重田チェックを
入れてくれません?(ちょwwwwww








仕事中に貴重な情報をメールで送ってくれてショートベルさんありがとーw









日曜は三男がどーしても行きたいと、珍しく言ってたらしく、
しょーがないんで萩博物館に連れて行くことに(しょーがないてオマエ…。



UMAとの遭遇とゆーテーマで、

要約すると、ミステリーアニマルを展示するっつーコトで、
「河童のミイラ」と「人魚のミイラ」と「大蛇の頭」が目玉。
他県からわざわざお借りしてきての展示とゆーんで本物?っぽい。
結構凄かった^^






TVでも頻繁にCM流してて、入場者数も予想を超えてるらしく、
15:00に着いた時は90分待ちとゆーアリエナイ状況。


16:00に再び入りなおしました。
ボク的な感想は、
全体的に、まぁ、
県内の博物館にしては結構がんばってるんじゃないでしょうか~?といった感じ。

子供も満足してたしね☆





で、





ボク的にはですね、
コレらなんかそっちのけで燃えた展示物がありまして^^ヾ




hagi001.jpg

なんかよくない?^^

萩の城下町の模型なんですが、
奥の方~~のど真ん中を歩いてるのが吉田松陰!だそうで。

hagi002.jpg

コチラは手前から3番目を歩いてるのが桂小五郎(木戸孝允)!だそうで


hagi003.jpg

しかし誰が作ったんだ!?
コレ、結構細かいトコまで表現されてて、何気にすげ~っスよっっ!!?


hagi004.jpg

明治頃の萩城下町がスゲ~リアルに再現されてるみたい。


hagi005.jpg

マジで誰が作ったんだろ?
調べたら解ると思うけど、まぁ、イイや別に。(えー

hagi006.jpg

1/60くらいかなぁ?
建築模型だから1/50か?
フィギュアの大きさからして、1/30じゃないと思う。

なのにこの顔の表情!
全部の人物に違う表情があるの!!

オレは感動した!
世の中すげ~ヒトがいっぱいいるねぇ~(しみじみ





そんなワケではないけれど、
今夜の御飯は長門名物「瓦そば」。
kawarasoba.jpg

ケンミンショーでもちょこっと触れてたけど、
茶そばを熱い瓦の上で具材と一緒に焼いて、熱いおつゆに浸けて食べる。
最近はスーパーでも売ってるんで、ホットプレートで気軽に食べれる♪
家で食べれるから長門じゃ食わない(ヲイ

ボクの大好物です^^
あ~ウマかった♪
コメント

ROBOT魂のストフリってもうすぐじゃん?

>ちょいさん
「本物かどうかは、各々で判断して下さい^^」
と説明されたんですが、
河童のミイラや人魚のミイラ、マジっぽかったなぁ~。
科学的に調査すると違うってコトになるだろうけど、
アレって昭和以前のもんだろうから、
それを考えると、すげー造形だな~(ヲイ
枯れ具合といい、イイ仕事しちょりますたww

でも本物だと考えるとコワイな~(ぶるぶるっ

あとですね、
松方弘樹と釣り上げたマグロの等身大パネルがあったんですが、
「あのマグロもUMA(未確認生物)だよな~。」なんて思っちゃいましたw
あの大きさ、どー見ても怪獣っス^^;
寄贈されてた釣竿、セレブ杉www


UMAは期間イベントですが、
城下町模型はいつでも観れると思うんで、機会がありましたら是非^^

UMA!!w
盆帰省してた時にこのチラシ見て、かみさんと、
「こんなんやってる~ww」て笑ってたけど、、
僕的にはちょっと行ってみたかったw

さらにそんな城下町模型?があるなんて
1/70でこんな表情っすか~!!

ランナーガンダムがキャラホビ登場だとっっ!!!!

>りりももさん
も…モデサミにも間に合わないのに…1/144でも…(遠い目


>サマナーさん
ボクは結構好きっスけどね^^ヾ
ユニコーンのMSなんて、このヒトなしじゃ語れないですし♪
コズミックリージョンは好きなスタイルじゃないけど(ヲイ


>とと。。。さん
MGのイメージを踏襲しつつ、Ka.ラインに落とした感じで、なかなかカッコいいっス^^

某超凄腕さんがダレなのか解らないんで、
あとで情報よろw

ダレもが度肝を抜く作品は、きっとVer.Ke.として出ると思いますぅうっう~んwktk♪
ボクわソレを見て作った気になりつつパチ組みw

瓦そばはググるとレシピ載ってますたw
便利な世の中♪

予想通りの反応、乙♪

模型誌見ると良さげなんですか。それは良かった♪(^^)

雑食のノンポリなんで拘りはありませんが、某超凄腕さんが某所で「例の物凄いHJ作例の影響が濃いから、ここらで一度洗い流して欲しかった!」と発言されてまして、ワタシも同感で、せっかくPGなんだから、何かの焼き直しみたいなものではなく、モデラー諸氏に「これはスゲェ!」って言わせるようなものを作って欲しいなぁって思います。
あ、そのうちぐっちさんが作るか、、、www

>瓦そば
コレ、TVで見るたびに食べてみたいなぁ~って思うんですよね~うまそ~

なぜVer.kaなんでしょうね~??

全体のスタイルバランスが
まんまデスサイズじゃな~か~~ってツッコンじゃいました・・・・

Ver.ka 好きじゃナイんだよね~・・・・

発売前にタミヤ制1/60よろ!ww


あと4ヶ月しかないけど・・・

期待してますマテw

ボークスのMk-Ⅴがスゲ杉な件。

>shimizuさん
失礼乱文好き勝手申し訳ございませんm(__;)m

小三の息子に、何が一番よかったかと感想を聞いたところ、
「全部よかった。」と言っておりました。
夏休みのイイ思い出にさせていただきました^^

城下町模型の説明ありがとうございます。
畑は違いますが、模型が趣味なので、どうしてもこういったものに目が向きます。
時間があればもっと居座っていたかったのですが^^
こんな特殊なブログにわざわざお越しいただきありがとうございました。


>fuuさん
キレイに並んだ野菜が植えられた畑に、汗をぬぐう百姓のおじさんとか、
ドコ観ても生活してるフィギュアたちなんですよ!

嫁も子供たちも気付かない細かい表情を、
天才のボクが説明して気付かせるとゆー贅沢な観覧になりましたwww

瓦そばのおつゆは、茶そばに付属されてるものでして^^;
濃い甘口醤油ベースっス。これが美味いのよ^^


>しまちゃんさん
ええ、ボクもびっくり^^;
地元の事はもう書くのヤメよう(ヲイ
履歴を見ると、おそらく博物館を検索されたのだと思います。
ボクなんて全然っスよw
天才止まりwww

一見主役に見えがちな城下町は、実は町民たちの引き立て役。
町民たちが主役。
ではないのかな~?とボク的な解釈^^;

瓦そばはアレっスよ。
メロン入ってないのにメロンパンみたいなモンっスw


>ショートベルさん
ちゃんと仕事しなきゃダメなんだからねっ☆(つんw

ボクも今日HJ買ったんですが、
意外と良さげ(ちょまwwwwwww

ユニコーンのフレーム表現が肩内部フレームに見れますね。
ビークラフトの韻を踏んだ上でのKa.とのコトでちょっと安心しました^^ヾ
こりゃガチで買いっス♪

伊世谷版はMGがほとんどそーだから^^

タミヤ製のおうちはもう二度とやんないw
博物館の方はみなさんからはG.Jでしょうが、ボク的には冷や汗っスよ~^^;

サリーちゃん、だなあw

やっぱSEEDと言えばフリーダムと言えば
真っ先にぐっちさんが思い浮かぶのよ、なぜかw

で、HJ届いてたんでじっくり見てみたんだけど
足長っつうか足太なイメージっすね・・・
MGは足細すぎなんだけどアニメで動いてるイメージは
やっぱMGのでカトキさんのはどうも設定画の
イメージを尊重しすぎじゃね・・・?w

ボクとしては伊勢谷版を期待します(ヲイ

城下町、マジスゲーっすね
コレを見て火がついたぐっちさんが
タミヤ製のお家を本気で仕上げる夢を見たw

そして博物館の方、GJです♪

わっ すごい!
博物館の方から直々にコメント入ってる!
地元ではこちらのブログって有名なんでしょうか???
ロリロリなトップ絵のブログ書いてる人ってことでぐっちさんは地元の有名人とか?w
冗談はおいといて、この城下町模型はすごいですねぇ。圧巻です。
プロって言われる方々って、ほんとに半端無いですね。おどろきました^^;
あぁちょうど腹減ってるので、瓦そばの写真が胃に堪えます^^;
それにしても、瓦で焼いて無いのに瓦そばとはこれいかにw

UMAとか面白そうですね~
一度は見てみたいです、建築物の
ミニチュアも瓦とか凄いなぁ実物は
もっと色々見所有るのでしょうね
最後の人の写真とか実物で見てみたいわー

瓦蕎麦も一度は食べてみたい一品
つゆは、普通のソバツユ?

わざわざのご来館ありがとうございました。
模型の制作は京都の「さんけい株式会社」です。
縮尺は、展示スペースの関係で、1/70と少々中途半端です。
約160体の人形を配していますが、実はそれぞれに、150年前の城下町(呉服町界隈)についてのストーリーが付されています。
50余棟の建物は、現存するものはそれをもとに、そうでないものは市内の江戸期町家の調査データをもとに、150年前の絵画と敷地割りに合せて、1棟ずつ平面から設計しました。
担当者として調査や資料・情報収集は大変でしたが、それらを形にしていくプロ集団の皆さんのお陰で、表情豊かな模型になったのではと思っています。江戸時代末の城下町を、幾ばくかでも具体的にイメージしていただけたら幸いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する