FC2ブログ

ガンプラ入門(その6

regunb069.jpg
墨入れが終わって、フィニッシャーズのオートクリアーでトップコート。

全身がテカテカ。
この状態でデカールを貼っていくと、シルバリングしません。

デカールを貼らないパーツは既につや消しを吹いてます。
シールド裏が解り易いかと。



regunb071.jpg

regunb072.jpg
プラモデルにはヒケという、プラスチックが収縮する際に生じる凹みがあります。
これをヤスリで均して平滑にするのがプラモデル工作の一つですが、
今回はこれをしてません。

クリアーを吹くと余計に目立ちます。
ですが、敢えてここはスルー。



regunb073.jpg
デカールを貼り終えたら再びオートクリアーでトップコート。
デカール上は更に厚吹き。






regunb078.jpg

翌日フィニッシャーズのスーパーフラットコートでつや消しトップコート。
このつや消し塗料は、つや消しを吹き過ぎると生じる粉吹きの失敗が全くありません。

そして、完全につやを消すことで、先ほど触れたヒケが全く解らなくなります。
ヤスらなくていいと言い続けてきたのはこの為です。



finishers001.jpg
初心者こそ、この2本!!
適正な濃度とエア圧であれば、絶対失敗しないトップコート塗料です。





P8080003.jpg
P8080004.jpg
P8080005.jpg

もっともヒケが目立っていた赤いシールド、青い胸部、アンクルサポートアーマー。
スーパーフラットコートで全くヒケが解りません。

シールドのデカールは全く余白を切ってないのに、デカールの段差が解らなくなっているのが解るかと。
オートクリアー厚吹きのおかげです。





P8080007.jpg
割れたパーツも今ではどこが割れたのか確認できない状態に。
リカバリー方法を覚えると模型製作のハードルが一つ下がります。



P8080008.jpg
バックパックバーニアだけはつやを消さずにオートクリアーで光沢に仕上げました。
光沢パーツがあると、作品にメリハリが出ます。

ヤスらない方法なので、光沢仕上げはヒケの無いパーツを選びます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する