FC2ブログ

ガンプラ入門(その6

regunb069.jpg
墨入れが終わって、フィニッシャーズのオートクリアーでトップコート。

全身がテカテカ。
この状態でデカールを貼っていくと、シルバリングしません。

デカールを貼らないパーツは既につや消しを吹いてます。
シールド裏が解り易いかと。



regunb071.jpg

regunb072.jpg
プラモデルにはヒケという、プラスチックが収縮する際に生じる凹みがあります。
これをヤスリで均して平滑にするのがプラモデル工作の一つですが、
今回はこれをしてません。

クリアーを吹くと余計に目立ちます。
ですが、敢えてここはスルー。



regunb073.jpg
デカールを貼り終えたら再びオートクリアーでトップコート。
デカール上は更に厚吹き。






regunb078.jpg

翌日フィニッシャーズのスーパーフラットコートでつや消しトップコート。
このつや消し塗料は、つや消しを吹き過ぎると生じる粉吹きの失敗が全くありません。

そして、完全につやを消すことで、先ほど触れたヒケが全く解らなくなります。
ヤスらなくていいと言い続けてきたのはこの為です。



finishers001.jpg
初心者こそ、この2本!!
適正な濃度とエア圧であれば、絶対失敗しないトップコート塗料です。





P8080003.jpg
P8080004.jpg
P8080005.jpg

もっともヒケが目立っていた赤いシールド、青い胸部、アンクルサポートアーマー。
スーパーフラットコートで全くヒケが解りません。

シールドのデカールは全く余白を切ってないのに、デカールの段差が解らなくなっているのが解るかと。
オートクリアー厚吹きのおかげです。





P8080007.jpg
割れたパーツも今ではどこが割れたのか確認できない状態に。
リカバリー方法を覚えると模型製作のハードルが一つ下がります。



P8080008.jpg
バックパックバーニアだけはつやを消さずにオートクリアーで光沢に仕上げました。
光沢パーツがあると、作品にメリハリが出ます。

ヤスらない方法なので、光沢仕上げはヒケの無いパーツを選びます。

ガンプラ入門(その5

regunb061.jpg

エアブラシ塗装の後、マスキングとエナメルブラシ塗装で塗り分けたパーツを全て組み上げてみました。
墨入れをしていないので、ボヤっとした印象。というか、せっかく全塗装したのにおもちゃ丸出しですね。





regunb048.jpg
墨入れに黒を僕は使用しません。
極細の筋彫りなら黒でもいいと思うんですが(keitaさんは黒で墨入れしてますしw
キットの太目な筋彫りにはちょっと主張し過ぎる気がします。

赤や黄色の暖色系にはブラウン系。
白にはニュートラルグレーを使ってます。

今回の白はベージュなので茶系とグレー系を試してみましたが、どっちもう~ん...といった感じw
黒でもよかったかなぁ?




regunb049.jpg
墨入れに使うエナメル塗料は、信じられないくらいしゃばしゃばに薄めます。
この時、エナメル用うすめ液は使いません。
エナメルはプラを壊しやすい性質を持っているので、ジッポオイルを代わりに使用します。



regunb050.jpg
ふき取りもジッポオイルで。
綿棒や、細目の筆先で丁寧に。
ふき取り過ぎてしまった場合は、再度墨入れからやり直します。


ここで、光沢塗料を使ったメリットが出てきます。
光沢塗料で薄く吹き重ねた塗面は凸凹になりません。
墨がスッと流れて、綺麗に拭き取れます。

これが半ツヤだったりツヤ消しだったりすると、
ザラザラの塗面にエナメル塗料が入り込んで墨入れが滲んだように汚くなります。
光沢塗料を使ってない場合も推奨しますが、それ以外の塗料の場合は必ずクリアーで一度トップコートしましょう。
これは絶対です。










で、





ここで狙ったかのような大アクシデント発生!!(狙ってはいないw


regunb062.jpg
エナメル溶剤を用いなくても割れてしまいました。



regunb064.jpg
原因は、パーツ同士の隙間から、しゃばしゃばエナメル塗料が入り込み、
スナップフィットの力が掛かる箇所にまで入り込んだ為のようです。

スナップフィットは、ダボ穴にだけでなく、こういう切り欠いた場所にも用いられています。

再発防止の為、デザインナイフで切り欠き箇所を広げてやります。




regunb063.jpg

syuntyaku001.jpg

セリアで2本セットで売っているツリロン低粘度。
修復には瞬着が一番手っ取り早く、簡単に直せます。

この瞬着はまるで水のように粘度がなく、あらゆる隙間に入り込む性質を持つので、修正・修復には持ってこい。
ただし、パーツ断面に流れ込まないよう、細心の注意が必要。
パーツが合わなくなってしまいます。



regunb065.jpg
ヤスリ掛けして修復箇所を均したら、再度塗装して修正完了。




regunb068.jpg
今回の大失敗は、合わせ目にも墨を流したのが原因。
接着しておけば起きなかった失敗です。



cementsp.jpg
合わせ目にスッと流れていく低粘度のスチロール樹脂接着剤。
ムニュっとならずに接着出来るので合わせ目を消したくない時にオススメです。





P7190092.jpg
次はデカール貼りですが、キット付属のシールは使いません。
市販されている水転写デカールを使います。

が、デカール工程を撮影するのを忘れたまま貼り終えてしまったww



デカール貼りは次の機会に書くとして、次は最後のトップコートでフィニッシュです(´Д`)