FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンプラ入門(その6

regunb069.jpg
墨入れが終わって、フィニッシャーズのオートクリアーでトップコート。

全身がテカテカ。
この状態でデカールを貼っていくと、シルバリングしません。

デカールを貼らないパーツは既につや消しを吹いてます。
シールド裏が解り易いかと。



regunb071.jpg

regunb072.jpg
プラモデルにはヒケという、プラスチックが収縮する際に生じる凹みがあります。
これをヤスリで均して平滑にするのがプラモデル工作の一つですが、
今回はこれをしてません。

クリアーを吹くと余計に目立ちます。
ですが、敢えてここはスルー。



regunb073.jpg
デカールを貼り終えたら再びオートクリアーでトップコート。
デカール上は更に厚吹き。






regunb078.jpg

翌日フィニッシャーズのスーパーフラットコートでつや消しトップコート。
このつや消し塗料は、つや消しを吹き過ぎると生じる粉吹きの失敗が全くありません。

そして、完全につやを消すことで、先ほど触れたヒケが全く解らなくなります。
ヤスらなくていいと言い続けてきたのはこの為です。



finishers001.jpg
初心者こそ、この2本!!
適正な濃度とエア圧であれば、絶対失敗しないトップコート塗料です。





P8080003.jpg
P8080004.jpg
P8080005.jpg

もっともヒケが目立っていた赤いシールド、青い胸部、アンクルサポートアーマー。
スーパーフラットコートで全くヒケが解りません。

シールドのデカールは全く余白を切ってないのに、デカールの段差が解らなくなっているのが解るかと。
オートクリアー厚吹きのおかげです。





P8080007.jpg
割れたパーツも今ではどこが割れたのか確認できない状態に。
リカバリー方法を覚えると模型製作のハードルが一つ下がります。



P8080008.jpg
バックパックバーニアだけはつやを消さずにオートクリアーで光沢に仕上げました。
光沢パーツがあると、作品にメリハリが出ます。

ヤスらない方法なので、光沢仕上げはヒケの無いパーツを選びます。
スポンサーサイト

ガンプラ入門(その5

regunb061.jpg

エアブラシ塗装の後、マスキングとエナメルブラシ塗装で塗り分けたパーツを全て組み上げてみました。
墨入れをしていないので、ボヤっとした印象。というか、せっかく全塗装したのにおもちゃ丸出しですね。





regunb048.jpg
墨入れに黒を僕は使用しません。
極細の筋彫りなら黒でもいいと思うんですが(keitaさんは黒で墨入れしてますしw
キットの太目な筋彫りにはちょっと主張し過ぎる気がします。

赤や黄色の暖色系にはブラウン系。
白にはニュートラルグレーを使ってます。

今回の白はベージュなので茶系とグレー系を試してみましたが、どっちもう~ん...といった感じw
黒でもよかったかなぁ?




regunb049.jpg
墨入れに使うエナメル塗料は、信じられないくらいしゃばしゃばに薄めます。
この時、エナメル用うすめ液は使いません。
エナメルはプラを壊しやすい性質を持っているので、ジッポオイルを代わりに使用します。



regunb050.jpg
ふき取りもジッポオイルで。
綿棒や、細目の筆先で丁寧に。
ふき取り過ぎてしまった場合は、再度墨入れからやり直します。


ここで、光沢塗料を使ったメリットが出てきます。
光沢塗料で薄く吹き重ねた塗面は凸凹になりません。
墨がスッと流れて、綺麗に拭き取れます。

これが半ツヤだったりツヤ消しだったりすると、
ザラザラの塗面にエナメル塗料が入り込んで墨入れが滲んだように汚くなります。
光沢塗料を使ってない場合も推奨しますが、それ以外の塗料の場合は必ずクリアーで一度トップコートしましょう。
これは絶対です。










で、





ここで狙ったかのような大アクシデント発生!!(狙ってはいないw


regunb062.jpg
エナメル溶剤を用いなくても割れてしまいました。



regunb064.jpg
原因は、パーツ同士の隙間から、しゃばしゃばエナメル塗料が入り込み、
スナップフィットの力が掛かる箇所にまで入り込んだ為のようです。

スナップフィットは、ダボ穴にだけでなく、こういう切り欠いた場所にも用いられています。

再発防止の為、デザインナイフで切り欠き箇所を広げてやります。




regunb063.jpg

syuntyaku001.jpg

セリアで2本セットで売っているツリロン低粘度。
修復には瞬着が一番手っ取り早く、簡単に直せます。

この瞬着はまるで水のように粘度がなく、あらゆる隙間に入り込む性質を持つので、修正・修復には持ってこい。
ただし、パーツ断面に流れ込まないよう、細心の注意が必要。
パーツが合わなくなってしまいます。



regunb065.jpg
ヤスリ掛けして修復箇所を均したら、再度塗装して修正完了。




regunb068.jpg
今回の大失敗は、合わせ目にも墨を流したのが原因。
接着しておけば起きなかった失敗です。



cementsp.jpg
合わせ目にスッと流れていく低粘度のスチロール樹脂接着剤。
ムニュっとならずに接着出来るので合わせ目を消したくない時にオススメです。





P7190092.jpg
次はデカール貼りですが、キット付属のシールは使いません。
市販されている水転写デカールを使います。

が、デカール工程を撮影するのを忘れたまま貼り終えてしまったww



デカール貼りは次の機会に書くとして、次は最後のトップコートでフィニッシュです(´Д`)

ガンプラ入門(その4

kyusyukan001.jpg

塗装をする上で、おざなりになりがちなマスク。
使い捨てマスクとか防塵マスクとか、効果ないです。
ホームセンターでもネット通販でもいいので、吸収缶付きの防毒マスクを買いましょう。

↑の画像で解るとおり、これだけの粉塵を吸っているわけです。
(昔Twitterでアゲたら結構な反応がありましたw





tosovkg003_20180706112829bf0.jpg

これはグラデーション塗装の画像ですが、
ベタ塗り塗装の手順も同じで、奥に入ったところや、エッジ(角)から塗装していき、次に中心となる面部分を先に塗装していき、
面を最後に吹きます。
この手順で塗装しないと、奥まった部分に塗料がのらなかったりして後に苦労する事になります。




regunb047.jpg

赤、青、黄は比較的簡単に色が付いていくと思います。
塗料の濃度にもよりますが、一つのパーツをぐるっと2周塗装して、全パーツ塗装した後、
もう一回同じように塗装すればOKではないかと。





regunb059.jpg

グレーは隠ぺい力が高いので、すぐ色が乗ります。





regunb060.jpg

問題は白。
白はなかなか色が乗りません。
色が付いてるか付いてないかわからないまま吹き続けていると、吹き過ぎて塗料が垂れまくってるかも知れません。
1回目の塗装で失敗する可能性大です。

慎重に2週吹いたら次のパーツを塗装して、ぐるっと1週全パーツ白塗装したら、最初のパーツから塗装し始めましょう。
これを4~5週、計10週近くする事でようやく白が完全に塗装されるハズです(濃度によります





regunb054.jpg

ツインアイは黒一色で塗りました。
後で付属シールのツインアイ部分だけを切り出して貼り付けます。





regunb051.jpg

次はマスキング塗装。
股間ブロックの黄色をマスキング塗装します。




regunb052.jpg

赤に黄色を塗装しても、なかなか発色しないので、白を下地塗装します。





regunb055.jpg

シールド裏は塗り分けなくてもいいのですが、やるとメリハリがつくのでマスキング塗装します。



regunb057.jpg

マスキングを剥がし、墨入れして完了。





regunb056.jpg

膝ダクトはマスキングがかなり面倒だったので、調色したエナメル塗料を吹付け。





regunb058.jpg

慎重に丁寧にジッポオイルではみ出した塗料を拭き取り。
この後クリア塗装してエナメル部分を閉じ込めてから、墨入れして整えます。





中性洗剤でよく洗っただけで、サフを吹かなくてもしっかり塗料がパーツにのっています。
マスキングテープで剥がれる事はありませんでした。
改造してないんだから、サフなんて吹かなくてもいいんです。

ガンプラ入門(その3

日本VSベルギー戦!感動をありがとう!!そしてお疲れ様でした。
決勝トーナメントの日本戦で、こんなにわくわくしたのは初めてだったよ





さて、前回の予告どおり塗装編。
regunb034.jpg

必ず台所洗剤でしっかり洗浄しましょう。
今回はほとんどヤスってないので、パーツには射出成型時の油分と、自分の手の脂がしっかり付いてます。

僕は超音波洗浄機を使ってますが、持ってない人は歯ブラシでガシガシ洗った後、しっかり水洗いして下さい。



次に、塗装時にあるといいもの。



regunb035.jpg

静電気防止ブラシ。
パーツにほこりが付くのを防ぎます。
塗装直前にこれでパーツをササッと掃くとほこりを寄せ付けません。

無い人は、100均の化粧品売り場でチークブラシを用意してください。
静電気は防げませんが、パーツに付いたほこりを払う事は出来ます。



regunb036.jpg

100均の爪磨き。
こちらは塗装中に活躍します。
空中に漂うほこりがパーツに落ちる時や、塗装前に見逃したほこりがパーツに付着してしまったまま
塗装してしまった場合、1~2分置いて生乾きの状態で磨くと、ほこりが取れます。

別のものでこのほこりを除去してるモデラーもいるので、各自でグーグル先生に聞いてみて下さいw





他にはエアブラシの先にたまった塗料をふき取る為の筆なんかも必要。






さて、ようやくここから塗装です。
今回はガンダムをトリコロールに塗装します。




regunb037.jpg

今回選んだのはこの塗料。
調色した塗料も含めて、全部『光沢』塗料であるというところに注目して下さい。
これは後で行う『墨入れ』と『デカール貼り』での失敗をしにくくする効果があります。

どうしても半つや塗料、つや消し塗料を使いたい場合もあるでしょうけど、その場合も対処出来ますが、
とりあえず覚えておいてください。




regunb038.jpg
今回使うのはガイアカラーだけなので、シンナーはガイアブラシマスターを使用。
リターダー入りというのがポイントで、これを使うと、まずカブりません(と言ってもいいかと

リターダー入りシンナーはエアブラシ塗装専用シンナーと言ってもいいほどブラシ塗装に特化してるのでオススメです。






エアブラシ塗装で、まず誰もが必ず知りたがるのが、塗料を薄める配合。
よく、3倍に薄めるといいますが、ベタ塗りならそれでいいと思います。
塗料1に対して、シンナー2の割合。
00.7MPaで吹き易いくらいがちょうどいいというのが個人的感想。



ただ、これはあくまで基準。
買ってしばらく経った塗料は濃度が高くなってますし、自分で見極めるしかないです。





regunb039.jpg

なるべくパーツに近い位置で吹くのが理想ですが、それも個人の自由。
これは塗装を積み重ねて見極めるしかないです。
ま、
塗装は楽しいのでいろいろ試しちゃってくださいw










↓今回選んだ塗料についての話を続きに書いてます。勉強嫌いな人はスルーでw

続きを読む »

ガンプラ入門(その2

次はエアブラシ塗装って書いてたけど、よく考えたらまだやった方がいいポイントがあるよなぁw





とゆーワケで、今回も工作のコツを。



ガンプラにはスナップフィットという、ダボやダボ穴に、抜けない細工が施してあります。
塗装しなければ全く問題ない素晴らしい技術ですが、
プラスチックにシンナーを漬けると溶け出してしまう。

つまり、プラモデル用塗料とはいえ、塗装すれば必ずプラスチックを侵してしまいます。
でも塗装はしたいじゃん!みんな塗装してるじゃん!!

regunb0014.jpg
ですから、こうやってスナップフィットを弱めてやる工程を、モデラーは必ずしています。
この斜め切りの他に、ダボ穴を同軸ドリルで掘る方法があります。(僕はドリル派




regunb0015.jpg

見逃しがちなバックパックのパーティングライン。



regunb0016.jpg

前回同様の手順でしっかり消してやります。





regunb0017.jpg
ビームサーベルの様な筒状のパーツは、→の方向に丸ーくまるーくを意識しながらヤスリ掛け。





regunb0018.jpg
ヘルメットにはがっつりとパーツ同士の合わせ目が存在します。
これを接着→整形して消すのが通常の工作ですが、
メンドくさいので敢えてパネルラインにしてやりましょう。



regunb0019.jpg
隙間を開けるのが失敗しない為のポイント。

ちょっとコツが要るので、心配な人はパーツを合わせず1パーツごとにデザインナイフやペーパーで面取りしても大丈夫です。
ただ、合わせながらやる方が、面取り幅が均一になり易いです。



regunb0020.jpg
やるやらないは個人の自由。
ただ、やってると、やってるな!感は出ますw





regunb0021.jpg
ここは是非ともやっておきたい所。アンテナのシャープ化。



regunb0022.jpg
まずは大まかに切断。



regunb0023.jpg
次にデザインナイフでギリギリ余剰部分を残して切断。
2段階にするのは切り過ぎてアンテナがガタガタになってしまうのを防ぐ為。



regunb0024.jpg
最後に400番のペーパーで整形。
これは100均ヤスリだといつまで経ってもシャープにならないので、あて木を利用したヤスリを使用しています。



regunb0025.jpg
前回も書きましたが、このヤスリスティックは
キッチリ面出し出来るツールなので、簡単に自作するか、市販のものを買っておきましょう。
アンテナ工作には必須アイテムです。









regunb0026.jpg
regunb0027.jpg
もっとシャープに尖らす方法もありますが、シャープにすればするほど折れやすくなります。
入門編なので今回はこんな感じで。
これでも折れる時は折れるので、アンテナ工作は全部のパーツの処理が終わった最後にするのをお薦めします。





regunb0028.jpg
ライフルやバズーカも合わせ目で面取りしてパネルラインに。
武器の整形はメンドくさいですが、完成後とても目に付きやすいので必須工作です。




さて、次回はホントにエアブラシ塗装編です(たぶんw

ガンプラ入門(その1

思い起こせば、僕が模型始めたのは30歳。
HJのMGゴッドガンダム特集を観て、マスターグレードを買ったのがきっかけでした。

当時HJで連載中だった『女子プラ』で、オオゴシさんが買ったクレオスのダブルアクションとL5をそのまま自分も買って、
そこで覚えたMAX塗りからいきなり始めました。

つーワケで、
今からガンプラを作ってみたい。
買ってみたけど、どうやって作っていいのかわからない。

そんな、ガンプラをちゃんと作ってみたい初心者向けのガンプラ塗装講座を始めます。
(個人的にはその連載記事をまとめた『ガンプラ大好き』に詳しく書いてあるから、そっちを買って読んで欲しいんだけどw



regunb001.jpg
用意する道具は、まずはこの2つ。

ニッパーはなるべく高いものを買いましょう!100均ニッパーは切れません。
高ければ高いほど模型製作がはかどりますよ。

デザインナイフは模型売場か量販店で購入出来ます。
(※このデザインナイフは拳王さんオリジナルで非売品ですw)





regunb002_20180620230603b04.jpg
まずはニッパーでゲートを少し残して切り出します。



regunb003_201806202306025e8.jpg

これは、エアブラシ塗装前提の作業です。
ガンプラ初心者が初めてのエアブラシ塗装を行う為の下準備です。

パチ組みシール貼りで満足出来る人はこんな事しなくて大丈夫です。



regunb004_20180620230604bcc.jpg

二度目の切断。
これを模型用語で『二度切り』といいます。



regunb005_20180620230605967.jpg

二度切りする理由は、パーツに負荷をかけない為。
ゲート跡が白くなったり、針で付いたようなピンホールが発生しないようにする為です。



regunb006.jpg

ここでデザインナイフ登場。



regunb007.jpg

デザインナイフで慎重に切り出すとこんな風に仕上がります。
でも、触るとちょこーっとだけゲート跡が残ってるのがわかります。


※ちなみに、ゴッドハンドのアルティメットニッパーをもし持ってたら、今までの作業は二度切りだけでOKです。
 ここまでのデザインナイフ加工は必要ありません。
 それだけアルティメットニッパーは違います!



regunb008.jpg

そこでかんながけ。
パーツに対して刃を立てて、ゲート跡だけを狙って、かんなを掛けるようにシャッシャッと矢印の方向にゲートをそいでいきます。
必ず矢印の方向にだけかけます。
往復してはダメです。



regunb009.jpg

これでゲート処理完了。
ゲート処理なんてこんなもんで充分です。










regunb010.jpg
続いてパーティングラインの処理。

こういう、1パーツだけで成り立ってるパーツには大抵こういうラインが入ってます。
武器や握り拳のパーツには必ずと言っていいほど入ってるので、これを消していきます。



regunb011.jpg

ゲート処理とは違って、面全体に施す時は、シャッシャッじゃなくて、シャーッシャーッという感じでかんながけします。
これで終わりです。





とはいえ、慣れないデザインナイフのかんながけは結構難しいかも。

で、

ここで登場するのがヤスリですw




regunb0025.jpg
厚みのある板にペーパーを貼り付けたもの。
平面にはもってこいのヤスリです。



regunb0012.jpg
セリアで大量のヤスリスティックが購入出来ます。100円(税抜)なのでコスパ超高い!
(600番と書いてあるけど、400番な気がするw

これはパーツに丸みがある時に本領発揮します。



regunb0013.jpg
かんながけした跡をヤスって終了。

かんながけせずに最初からヤスリで仕上げるのが普通ですけど、
かんながけを覚えると後々いろいろ役立つので、身に付けておくといいと思います。




これだけです。これを全パーツのゲート箇所とパーティングラインにしてやれば塗装準備完了。
全面ヤスったりする事ありません。









さて、
筆塗り、缶スプレー、エアブラシ、ガンプラを誰でも簡単に一番綺麗に塗装出来るのは、エアブラシです。
筆塗りは以前グレイズを使って記事を書いてるので、そちらを参考にして下さい。

缶スプレー塗装は小さいパーツを綺麗に吹くにはもんのすごく高度な技を要します。
缶スプレーは俺が教えて欲しいくらいだわw



とゆー訳で、次回は、エアブラシ塗装をしてみます。サフは必要ありません。

僕がオススメするガンプラ入門は、誰でもお手軽に満足出来るガンプラを完成させる事を目標としていますので、
余計な工程は全部除外します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。