スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惨敗。

ジャンプスカウトキャラバン2010福岡大会。
行って来ました!

結果は見事に惨敗!



この天才ぐっちMAXのギャグの数々に
ピクリとも笑わんのだwwwwww



jump.jpg



やっぱジャンプ厳しいわ~^^;


ググってググってググりまくっていろんな前情報仕入れてましたが、
ガセも多いかな?

ジャンプ編集者はまともに見てくれないって書いてあるけど、
そりゃよっぽどヒドいモンだったんじゃねーかな?
見るに耐えられないよーな。

ちゃんと読んでくれます。
セリフすっ飛ばしてるトコもあった気もするけど、
そりゃ面白くなけりゃみんな飛ばすだろ。







でも、
ボクの経験上、マガジンの編集者の方が担当になってくれ易いかな?
それは
当時ボクが20代前半だったからかな?w


同じよーな編集者が出張してくれる大阪大会に15年前に持ち込んで
そのまま担当ついて選外佳作→佳作→マガジンフレッシュ3位。
今思えば出来杉www
現在もソコまで甘いモンなのかは解りません。



コレはマガジンの編集者はゆるいよ~って事じゃないです!
当時の20人近く居た入賞者の中で、
現在も活躍されてる漫画家は一人です。
プロの世界っちゅーのはそんな甘くないです。

ボクの受賞歴なんて、自慢にもなんもなりません。
ただのイイ想い出っスw








まぁ、
今回持ち込んだネームをマガジン編集者の方に見てもらいたくはなりますがw

現にネット上で確認すると、
ジャンプで滅多切りにされた作品を
他社で褒められた方も多数いらっしゃるみたいですし。












それはそれとして。





今回持ち込んだのは

1)45ページのストーリーもの。
 半年間キャラと設定とストーリーを考えまくって、
 プロットからネームまで1ヶ月近く掛かって描いた
 クソマジメなネーム。

 
2)31ページのストーリーもの。
 ジャンプを眺めながらいきなりひらめいて、
 一日で設定とキャラとストーリーを考え4日で描いた
 ギャグ満載のネーム。


1)の方は自分でも思ってたけど詰め込み過ぎ。
ジャンプはページ指定があるのでココは厳しい。
本来なら70ページは欲しいトコ^^;



2)の方はスゲーのりのりで描けた自身作。
今後もこーゆー話を作っていこう。すぐ描けるwww
即興で作ったにしてはキャラが立っててお気に入りだったけど、

ジャンプ編集者からみると全然キャラが乏しいらしい(滝汗
コレは驚いた!
アレで足らんのか!??



つまり、ジャンプに置いて、主人公キャラとゆーモノは
ダレも予想出来ないような行動を取るハチャメチャなヤツくらいでないとダメだとゆーコトだ!
この2本目を描いて行って本当によかった。
自分の今後の作品作りの中で唯一のものさしになる!


模型的にいうと、
ぐっちMAXレベルのモデラーじゃ主人公は務まんねー。
n.兄さんくらい独創性が飛び抜けてねーとな!
て感じ^^












さてさて、
漫画家を目指してらっしゃる方がこの記事を読まれた場合、
現地の様子が気になると思いますのでレポを少々。








9時30分会場なので、
それに合わせて家を出ましたが、到着は9時35分。
この時点で89番目。
13:30の予約を取るハメに…orz


心臓バクバクで、とてもそんな長い時間一人で過ごせない!!!!
偶然近くに居た大学生の方を捕まえて、長い時間をネットカフェで過ごせました。
ああ、勇気出して声掛けて良かった^^;




13:30に会場入り出来ましたが、
その後廊下の待ちイスで30分待ちます。

会議室内で編集者5~6人が見て下さいますが、
基本的に2~3人会場内に居ませんw
休憩か別の仕事かをしてる模様。
この間、更に待ちまくります^^;



で、

会議室内に入った当初は
心臓止まりそうな勢いでバクバクしまくりだったんですが、

次第に待っている卵たちの緊張感と、
全部筒抜けで聞こえてくる編集部の容赦ない滅多切りの、
その変な空気が面白くなって、段々楽しくなってキタwww



「このキャラ要る?
なんで要るの?意味わかんねぇ!
大体さあ、ココでこのコはこの場に居たの?
ココで主人公はこうじゃダメなの??」

めっさ怒られとるやんwwwww









「ここでエクスかリバーとかさぁ、
小学生の描くマンガだよね。」

ェエェエェエ(゚Д゚;




いや~自分が持ち込みの立場じゃなかったらコントやねwwwww
コレだけでギャグマンガ一本描けそうだよ^^




で、


肝心の自分はとゆーと、
キャラが弱い。自分だけのオリジナリティーが欲しい。セリフが長い。
結構抽象的で弱った。

一番懸念してたコトだった。

バクマン。を読んでて、編集者の当たり外れがあるという話がある。
ボク的にはハズレだった。
怒られてる人がうらやましかった。
ナゼならドコをどーすればイイか指摘してくれるからだ。

それに、今回ボクは怒られにいく事が当初の目的だった。
ボロカス言われるだろうと思ってた。


それが違う角度でのボロカスだった。
作品全体のコトだけを言われるのは今後の方針転換が難しい…。






そんなボクの後ろで、
「面白い!面白いです!
絶対連絡下さい。待ってます!」
と言われてる期待の新星出現!

要るんやね~、そんな人も!
オレの読んでる編集者なんか、そっちが気になってしょーがなかったみたいだし(遠い目
冒頭数ページでオレの年齢聞いた瞬間、妙にテンション下がってた気がする(遠~い目


「他には?
他にナニか質問ある?」

めっさ冷たく言われたよ。オレより確実に年下に…。


まぁ、マンガっつーのは
ダレが読んでも面白いものを描けないといけないワケで、
この人の連絡先は解ってる事だし、
今後もこの人に投稿すればイイワケだ。




バクマン。以来、
新人ダレもが気にする名刺ですが、
ボク個人の経験とネットでの意見を参考にすると、
持ち込んだらダレでも名刺はもらえると思います。


今回のスカウトキャラバンでは、
批評用紙をもらえるわけでして、それに編集者の苗字と連絡先が書いてあります。
名刺もらう事がまず一番とゆー考え方は
バクマン。が演出上読者に与えてしまった捻じ曲がった考えだと思って下さい。
ホントに担当が付くと本誌を郵送してくれる。


ただ、
編集者をねじ伏せるネームを描け!てコトは事実。
っつーかアタリマエw
マンガは面白ければいいんです。
この編集者じゃダメだとゆー考えはダメです。

例え運良く賞が獲れたとしても、その後デビューなんか出来ません。





それと、
ボクは今回ネームで見てもらえるとゆーコトでネームを2本持っていきましたが、
通常は原稿での持ち込みが原則。
ネームで持って行くのと原稿で持って行くのでは印象も違います。

原稿だと、描き手の画力がストレートに伝わりますし、
若い内はソレが武器になる人もいるかもしれません。

若い頃画力だけが武器だったボクが言うのですから間違いないかとw


画力が武器だったボクに画力を磨けと言われたのだから、
ネームだけで画力の判断は編集者にも出来ない模様。









最後に、
編集者はプロです!
見る目が無いわけありません!

映画批評家が、ナゼあんな厳しい批評をするのか?
それは、今迄何百何十という映画を観てきて、
サイコーの映画と比べてるからだと思います。
ものさしが出来ているのです。

マンガのものさしが出来ているプロの編集者が
面白いと言わないのなら、それは面白くないのです!

今日一日で一人当たり20本近くのクソマンガを読まれたと思います。
今までもクソ新人のクソマンガはたっぷり読んでこられたのです。
今日だけでうんざりだと思います。
マジ乙っスw
読んで批評貰えただけでもありがたい。
次に活かします。









長~~くなりましたが、
コレで当分模型生活はお休みになりそうです。
毎月予約していたHJも今回でキャンセルしました。
10年ぶりに漫画家目指してがんばります。

すでに年齢的にかなりのハンデがあるんだけど、
面白いモン描けなきゃ若くてもダメじゃん?
年齢は言い訳だと思ってがんばります。



ブログは続けていくと思いますが、模型に関しては皆無になる可能性大です。
申し訳ありません。
今までお世話になりましたm(__)m


まるで打ち切りマンガの最終回みたいな終わり方w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。